代官山にある当院は改善率99%を誇る高い技術を持った整体が人気です

シンメディカル整体院


院長日記

冷シップと温シップの違い

更新

冷シップと温シップの違いを患者さんに聞かれますので、よくお伝えする内容を書いていきます。

冷シップは消炎鎮痛剤と患部の温度を下げるためにメントールやハッカ油などが使われます。ギックリ腰や捻挫など「急性の痛み」に適しています。

温シップは消炎鎮痛剤と唐辛子などに含まれるカプサイシンという成分が含まれています。血流改善を目的としているので「慢性の痛み」に適しています。

ただ、どちらも表面的な効能なのでつらい時に一時的に使用する分には良いですが、年中同じところに貼るような事はされない方が良いです。意外とおすすめなのはアイスノンやホッカイロです。

アイスノンはギックリ腰などで急に痛めた場合に患部を冷やすのにも使えますし、偏頭痛のような血管が拡張する事で起こる痛みを抑えるのにも使えます。頭痛の場合は枕にする感じで使うと良いです。

ホッカイロは温シップよりも患部を暖める力が強いです。慢性的に痛い箇所に薄着の上から貼っておくと、それだけで大分楽になる事も多いです。ぜひ試してみて下さい。

2017年01月27日 更新

院長日記新着記事一覧

シンメディカル整体院のご案内

住      所:
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-20-8 
代官山パーフェクトルーム1F
アクセス:
東急東横線 代官山駅 徒歩3分
JR山手線恵比寿駅 徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
03-6319-0492
診療時間:
平日 10:00~20:00
土日 10:00~17:00
休診日:
不定休、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ