代官山にある当院は改善率99%を誇る高い技術を持った整体が人気です

シンメディカル整体院


自律神経失調症について

6O6OmijvWCEGMA41476249226_1476249809.png
 

lXVTEQmG9UnyP411475479214_1475479461.png自律神経失調症は、特に思い当たる節はないのに、慢性的な疲労やだるさ、めまい、耳鳴り、偏頭痛、動悸、不眠、手足のしびれなどがある。

また精神的な症状ではイライラしたり、不安感を感じたり、やる気が出ない、ゆううつになるなど色んな症状(不定愁訴)があります。病院へ行っても、特に医学的な所見が見当たらないと、この病名をつけられる事が多いです。

自律神経は交感神経副交感神経の2つがあり、無意識に自分の体を調整している神経です。交感神経は主に運動時や日中の活動時に優位になる神経で、体を活動的な状態(血圧の上昇、心拍数の上昇など)にします。

副交感神経は、体を夜寝る時などのリラックスした状態(血圧の下降、消化器の機能を高めるなど)にします。この体を調整している神経のバランスが上手くとれていない状態を自律神経失調症と言います。

症状の数や種類、強さなどは一人一人違うため、原因の特定が出来ていません。原因と思われているものは、生活習慣の乱れや過剰なストレス、体質の問題、環境の変化、女性ホルモンの影響などがあげられます。

病院では精神安定剤や睡眠導入剤、ビタミン剤、ホルモン剤などを処方されます。薬を服用する事によって一時的に症状が和らぐ方もいらっしゃいますが、根本的に良くなる方はなかなかいないのが現状です。はり灸や漢方薬で良くなる話しが多いため、東洋医学での治療を選択される方も多くいらっしゃいます。

私は大手整骨院の時から、さかい保健整骨院の時も多くの自律神経失調症と言われる方々を診てきました。整骨院なのでメインは首肩や腰の痛みの方が多かったのですが、同時に頭痛や吐き気、めまい、耳鳴り、しびれなどの症状をお持ちの方もたくさんいらっしゃいました。問診や検査、姿勢、関節の動きを診たり、様々な文献を調べたりしていくうちに自律神経失調症の方に当てはまる共通点が見えてきました。


「頭の骨が固まっているのです。」

頭の骨は微妙に伸びたり縮んだりして動いているのですが、この動きが固まってしまうと脳内でのホルモンの分泌を妨げたり、神経の働きを阻害すると言われています。

1900年代に頭蓋骨の研究をしていたアメリカのサザーランドという博士がある実験をしました。「自分の頭を包帯でガチガチに固めて巻く」というものです。包帯を巻く事で頭の微妙な動きを止めてみるという実験です。

彼は元々健康体でしたが、包帯を1週間つけていたところ体調がどんどん悪くなっていきました。根性で1ヶ月続けたところ、うつ状態になってしまい奥さんに止められて実験が終了しました。

自律神経失調症の方はこの実験と同じような事が起こっています。過剰なストレスによって頭皮の筋肉が緊張をして頭を締め付ける状態になります。すると頭の微妙な動きが制限されて様々な不定愁訴が起こるようになります。また、ストレスに対処するために肝臓や腎臓に疲労がたまっていたり、骨盤の動きが固まっている事も多いです。

当院の整体では、自律神経失調症に対して次の4点を重点的に診ていきます。

・頭と腰のズレを調整する
・肝臓の調整をする
・頭の骨(頭蓋骨)の調整をし動きをつける
・首の筋肉(特に前側)の緊張を緩める


長年の自律神経失調症の症状から解放されたあなたは、快適な日常生活を取り戻し、夜も安心して眠る事が出来るでしょう。

もうこれ以上、人に理解してもらえない苦しみに悩まなくても大丈夫です。

シンメディカル整体院の「シン」は「新しい未来」という意味が込められています。人の未来を変え、感動していただけるような施術を提供する事を目指しています。ぜひ一度ご相談下さい。きっとご満足いただける事と思います。

シンメディカル整体院のご案内

住      所:
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-20-8 
代官山パーフェクトルーム1F
アクセス:
東急東横線 代官山駅 徒歩3分
JR山手線恵比寿駅 徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
03-6319-0492
診療時間:
平日 10:00~20:00
土日 10:00~17:00
休診日:
木曜、祝日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ