代官山にある当院は改善率99%を誇る高い技術を持った整体が人気です

シンメディカル整体院


側弯症について

AN1XhH4atP2OHTA1475906832_1475907266.png

lXVTEQmG9UnyP411475479214_1475479461.png 側弯症というのは大きく分けると2つあり、「機能性側弯症」「構築性側弯症」があります。機能性側弯症は不良姿勢や生活習慣などによるもの。構築性側弯症というのは先天的なものや神経性、外傷性のもの、また特発性と言って原因不明と言われるものがあります。構築性側弯症の80~90%を占めるのが特発性側弯症になります。小学生高学年~中学校の思春期の女性に多いのが特徴です。

「機能性側弯症」の場合はヘビ背と言って、背骨がヘビのように横に曲がる状態です。背骨が曲がる事によってバランスが変わり肩こりや腰痛を起こしやすくなります。特発性側弯症は原因が不明と言われ、背骨の曲がりが進み、肋骨の歪みまで引き起こしている状態です。

状態にもよりますが、側弯症は見た目にも出るので悩みが深いものが多いです。一般的には運動療法や装具療法、どうにもならない場合は手術という選択になります。

根本原因は何か?

 私は大手整骨院時代やさかい保健整骨院の時も多くの側弯症の方を診てきました。80~90%が原因不明と言われますが、腰痛も85%が原因不明と言われるので意外とシンプルな事が原因なのではないかと考えました。時には国会図書館(永田町にあり、出版されている全ての本があると言われる図書館)でも文献を探したりしていました。試行錯誤を繰り返しているうちに、側弯症の方の大多数にみられる共通点が見えてきました。
 

「仙骨が傾いているのです」sokuwansyou.png

 仙骨というのは、背骨の土台になっていて骨盤の中心にある拳大の骨です。仙骨は背骨の土台になっているため、仙骨が傾くと背骨のスタートの位置が変わるため、体が斜めに倒れます。通常、人は自分の目線を水平にしようとする意識が働きますので、仙骨が傾いている場合は上半身だけを捻じって目線を水平にします。すると側弯症の状態になるのです。

側弯症になる方は横座り(お姉さん座り)や片肘をついて座る、足を組むなど片側に重心をかける姿勢をとるため、その時に仙骨に傾きが生じます。そして、仙骨を真っすぐにしてあげる事で背骨の捻じれが大幅に改善されるのです。

当院の整体では、側湾症に対して次の3点を重点的に診ていきます。

・頭と腰のズレを調整する
・肝臓の調整をする
・仙骨の傾きを調整する


脊柱自体が癒着して固まっている場合は治りませんが、もし仙骨が原因であれば傾きを調整してあげれば大きな改善が見られる事が多いです。

シンメディカル整体院の「シン」は「新しい未来」という意味が込められています。人の未来を変え、感動していただけるような施術を提供する事を目指しています。ぜひ一度ご相談下さい。きっとご満足いただける事と思います。

シンメディカル整体院のご案内

住      所:
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-20-8 
代官山パーフェクトルーム1F
アクセス:
東急東横線 代官山駅 徒歩3分
JR山手線恵比寿駅 徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
03-6319-0492
診療時間:
平日 10:00~20:00
土日 10:00~17:00
休診日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ